コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舞台協会 ぶたいきょうかい

世界大百科事典 第2版の解説

ぶたいきょうかい【舞台協会】

1899年ロンドンに創立され,イギリスの近代劇運動を担った〈ステージ・ソサエティStage Society〉の訳語を冠した日本の大正期の新劇団。1913年(大正2)文芸協会解散直後,同劇団の若手(加藤精一,佐々木積,山田隆弥(たかや),吉田幸三郎ら)が設立し,G.B.ショーの《悪魔の弟子》ほかで同年11月28日に帝国劇場で第1回公演をもった。夏目漱石門下の評論家・ドイツ文学者小宮豊隆(1884‐1966)が文芸面を担当していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

舞台協会
ぶたいきょうかい

ステージ・ソサエティ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

舞台協会の関連キーワードオズボーン(John Osborne)ハーレイ・G. バーカー怒りをこめてふり返れウィリアム ポール松井 千枝子生方 賢一郎六条 奈美子久松 喜世子伊藤 松雄東屋 三郎宮部 静子夏川 静枝浅間 昇子岡田 嘉子森 英治郎加藤 精一滝沢 静子六条奈美子斎藤 豊吉佐々木 積

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

舞台協会の関連情報