コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤述史 いとう のぶみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤述史 いとう-のぶみ

1885-1960 大正-昭和時代前期の外交官。
明治18年8月19日生まれ。42年外務省にはいる。昭和2年から国際連盟日本事務局につとめる。日本が脱退した8年の国際連盟総会では松岡外相を補佐した。15年初代の内閣情報局総裁。最終期の貴族院議員。昭和35年4月3日死去。74歳。愛媛県出身。東京高商(現一橋大)卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いとうのぶふみ【伊藤述史】

1885‐1960(明治18‐昭和35)
外交官。愛媛県出身。東京高商を卒業後,1909年外務省に入り,イタリア,スイス,オランダ在勤ののち27年国際連盟日本事務局次長,33年ポーランド公使となる。40年内閣情報部長,次いで情報局初代総裁に就任し,太平洋戦争開戦直前までマス・メディア統制に力を発揮した。戦後貴族院議員となるが,のち公職追放。【粟屋 憲太郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

伊藤述史の関連キーワード新藤兼人磯崎新川添登国際通貨問題黒人文学メタボリズム安保闘争教育改革コーマン鈴木清順