コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤隆道 いとう たかみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤隆道 いとう-たかみち

1939- 昭和後期-平成時代の彫刻家。
昭和14年1月2日生まれ。37年から資生堂本社のウインドーディスプレーを担当して注目される。作品「まわる曲線のリング」により,49年神戸須磨離宮公園現代彫刻展で大賞(平成6年優秀賞),50年彫刻の森美術館大賞展で大賞,長野市野外彫刻賞を受賞。ステンレスのパイプを使用した動く彫刻を制作する。東京芸大教授。北海道出身。東京芸大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊藤隆道の関連キーワードテクノロジカル・アート

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android