コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤霞台 いとう かだい

1件 の用語解説(伊藤霞台の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤霞台 いとう-かだい

1724-1753 江戸時代中期の儒者。
享保(きょうほう)9年生まれ。父伊藤梅宇の跡をつぎ備後(びんご)(広島県)福山藩につかえる。寛延元年来日した朝鮮通信使に応接し,漢詩を唱和した。宝暦3年9月2日死去。30歳。名は輝祖。字(あざな)は必大。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊藤霞台の関連キーワード大英博物館高橋孫兵衛吉住小三郎銚子醤油日本の民家大口屋治兵衛スミートンイタリア演劇フェリペフェリペ[5世]

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone