コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊賀兼光 いが かねみつ

2件 の用語解説(伊賀兼光の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊賀兼光 いが-かねみつ

?-? 鎌倉-南北朝時代の武士。
伊賀光政の子。一説に伊賀光盛の子とも。六波羅評定衆,引付頭人(とうにん)。後醍醐(ごだいご)天皇の信任を得,建武(けんむ)の新政府で要職を歴任,土佐,若狭(わかさ),伊勢(いせ)の国守も兼ねた。若狭守を解任された建武3=延元元年(1336)以後の活動は不明。山城兼光ともいう。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

伊賀兼光

生年:生没年不詳
鎌倉末・南北朝期の武士。光政の子。山城兼光ともいう。六波羅評定衆・引付頭人。正中1(1324)年3月7日,奈良の般若寺に,文観と共に,後醍醐天皇討幕運動の成功を祈念して,文殊菩薩騎獅像を寄進した。第1次討幕運動(正中の変)が失敗したのちも,六波羅探題の役人を務めつつ,ひそかに幕府側の情報を天皇側に流し続けた。この功績により,第2次討幕運動が紆余曲折の末に成功したとき,天皇は兼光を雑訴決断所三番局の職員に任命した。兼光は,さらに,恩賞方,記録所の寄人や窪所(後醍醐天皇の親衛隊)の所員にも任命されている。土佐,若狭,伊勢の国守をも兼任した。建武3/延元1(1336)年6月に,若狭守を追われたのちの消息は不詳である。<参考文献>網野善彦『異形の王権』,佐藤和彦『太平記を読む』

(佐藤和彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊賀兼光の関連キーワード勅使河原直重向阿三原物太田時連九条道教工藤重貞五条良量西園寺公重中御門宣明山城宗村

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone