コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊賀朝光の娘 いが・ともみつのむすめ

朝日日本歴史人物事典の解説

伊賀朝光の娘

生年:生没年不詳
鎌倉時代の武家の女性,執権北条義時の後妻。父朝光は幕府重臣。義時死後の元仁1(1224)年6月,女婿藤原実雅を将軍に立て,子政村を後見とし,兄伊賀光宗に武家成敗を委ねて北条氏から政権を奪おうと画策(伊賀氏の変)。敗れて伊豆北条郡に籠居

(鈴木国弘)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

伊賀朝光の娘の関連キーワード北条政村結城朝広生年

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android