コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元仁 ゲンニン

4件 の用語解説(元仁の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

げんにん【元仁】

鎌倉前期、後堀河天皇の時の年号。1224年11月20日~1225年4月20日。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

元仁 げんにん

?-? 飛鳥(あすか)-奈良時代の歌人。
万葉集」に吉野川をよんだ歌が3首おさめられている。伝記は未詳。「がんにん」ともよむ。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

げんにん【元仁】

年号(1224.11.20~1225.4.20)。貞応の後、嘉禄の前。後堀河天皇の代。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の元号がわかる事典の解説

げんにん【元仁】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1224年から1225年まで、後堀河(ごほりかわ)天皇の代の元号。前元号は貞応(じょうおう)。次元号は嘉禄(かろく)。1224年(貞応3)11月20日改元。天災の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『周易正義(しゅうえきせいぎ)』『博物志(はくぶつし)』を出典とする命名。1219年(承久1)に、源実朝(さねとも)(第3代)が暗殺されて以降、鎌倉幕府の将軍職は元仁年間も引き続き空位のままだった。執権は北条泰時(やすとき)(3代)。

出典|講談社
日本の元号がわかる事典について | 情報

世界大百科事典内の元仁の言及

【元号】より

… 公卿の審議の結果を天皇が勅裁して改元が行われるという上記の手続の形式は後世まで引き続き行われるが,中世以降武家政治の時代になると,武家側の意向が改元の上にも及んでくることは避けられなかった。鎌倉時代に元仁の改元(1224)の後まもなく幕府より異議が出されたため,翌年嘉禄と改元したごときはその一例である。また,室町時代には年号案の選定から改元の施行日にまで幕府が容喙(ようかい)したこともあり,武家側の要請により改元したことも一再にとどまらない。…

※「元仁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

元仁の関連キーワード元仁ラムセス2世民主党の党員・サポーター詠歌大概オゴタイハン国覚信尼ジュチ貞応ヌクヒバ島オゴタイ・ハーン国

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

元仁の関連情報