伏見 猛弥(読み)フシミ タケヤ

20世紀日本人名事典の解説

伏見 猛弥
フシミ タケヤ

昭和期の教育学者 英才教育研究所所長;元・玉川大学教授。



生年
明治37(1904)年1月2日

没年
昭和47(1972)年3月15日

出生地
福島県

学歴〔年〕
東京帝国大学文学部教育学科〔昭和3年〕卒,東京帝国大学大学院修了

経歴
東大助手兼日大講師を経て、昭和11年文部省国民精神文化研究所員、18年教学錬成所錬成官。戦後公職追放、26年学校図書顧問、27年追放解除で玉川大講師、38年教授。40年英才教育研究所を設立、所長となり英才教室を開いた。44年聖徳学園小学校教育顧問、45年玉川大を退職。著書に「教育現象学」「教育維新」「英才教育のすすめ」「頭のよい子に育てるしかた」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android