コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伐木造材 ばつぼくぞうざい felling and bucking

1件 の用語解説(伐木造材の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ばつぼくぞうざい【伐木造材 felling and bucking】

立木を伐倒して枝を払い,用途にあわせて一定の材長に鋸断(きよだん)(玉切り)して丸太にすること。伐倒にはチェーンソーが用いられるが,手のこが用いられることもある。伐倒しようとする場合には,まずチェーンソーによって受口をつくる。受口は,立木を倒そうとする側で,地上から約30cmの位置につくられる∠状に切り込まれた溝である。受口をつくった後,受口の反対側から受口の上縁の高さの位置に,反対側からチェーンソーを水平にして切り込む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伐木造材の関連キーワード素材生産陰に居て枝を折る萌芽林丸木合せて合せ技詰合せ寄合せるフェラーバンチャ素材生産(立木買い)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伐木造材の関連情報