コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伐木造材 ばつぼくぞうざいfelling and bucking

世界大百科事典 第2版の解説

ばつぼくぞうざい【伐木造材 felling and bucking】

立木を伐倒して枝を払い,用途にあわせて一定の材長に鋸断(きよだん)(玉切り)して丸太にすること。伐倒にはチェーンソーが用いられるが,手のこが用いられることもある。伐倒しようとする場合には,まずチェーンソーによって受口をつくる。受口は,立木を倒そうとする側で,地上から約30cmの位置につくられる∠状に切り込まれた溝である。受口をつくった後,受口の反対側から受口の上縁の高さの位置に,反対側からチェーンソーを水平にして切り込む。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

伐木造材の関連キーワード素材生産集運材法木こり伐採杣工

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android