コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

休止芽 きゅうしが statoblast

1件 の用語解説(休止芽の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

休止芽
きゅうしが
statoblast

休芽,越年芽ともいう。淡水産の小動物コケムシ類が生活環のなかで無性生殖のために形成する特殊な構造。直径 1mm以下で,硬いキチン質の膜によって凍結や乾燥に耐える。芽球耐久卵などと同じく休眠のための構造といえる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

休止芽の関連キーワード曲形動物水生動物川藻苔竜胆淡水海綿淡水真珠大宮公園小動物園水産動物チルネコ・デルエトナポーリッシュ・ハウンド

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone