コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

休止芽 きゅうしがstatoblast

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

休止芽
きゅうしが
statoblast

休芽,越年芽ともいう。淡水産の小動物コケムシ類が生活環のなかで無性生殖のために形成する特殊な構造。直径 1mm以下で,硬いキチン質の膜によって凍結や乾燥に耐える。芽球耐久卵などと同じく休眠のための構造といえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

休止芽の関連キーワードウラジロ休眠芽

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android