コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会計機械 かいけいきかい

世界大百科事典 第2版の解説

かいけいきかい【会計機械】

自動的計算記録機能によって,会計帳表や統計諸表に機械的記帳を行う機械。記帳を中心とした記帳会計機とコンピューターに近づけた電子会計機がある。記帳会計機は1948年ごろ日本でも使われはじめている。データ発生ごとに記帳できる元帳記帳,融通性のある作表能力,複写,転記能力,小回りのきく演算(加減算と乗算のみ)などの特徴をもっており,経理事務,給与計算,株式配当計算などの集計事務の機械に利用された。それまでのそろばんによる手計算と,転記の繰返しといった事務処理のパターンを大きく変革させた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android