コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会計機械 かいけいきかい

1件 の用語解説(会計機械の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かいけいきかい【会計機械】

自動的計算記録機能によって,会計帳表や統計諸表に機械的記帳を行う機械。記帳を中心とした記帳会計機コンピューターに近づけた電子会計機がある。記帳会計機は1948年ごろ日本でも使われはじめている。データ発生ごとに記帳できる元帳記帳,融通性のある作表能力,複写,転記能力,小回りのきく演算(加減算と乗算のみ)などの特徴をもっており,経理事務,給与計算,株式配当計算などの集計事務の機械に利用された。それまでのそろばんによる手計算と,転記の繰返しといった事務処理のパターンを大きく変革させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

会計機械の関連キーワード試算表マクロ機能決算改算記公会計大福帳計数型自動計算機セキュア会計帳簿に関する義務自動ぶろ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

会計機械の関連情報