コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝奇漫録 でんきまんろく

1件 の用語解説(伝奇漫録の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

でんきまんろく【伝奇漫録】

16世紀にベトナムのグエン・ズーNguyen Du(阮璵)によって漢文で書かれた短編小説集。明の瞿佑の《剪灯新話》や唐・宋の伝奇の影響を強く受けた20編の伝奇小説を4巻に収めている。なかでも〈木綿樹伝〉〈西垣奇遇記〉〈陶氏業冤記〉〈昌江妖恠録〉〈傘円祠判事録〉〈夜叉部帥録〉などに《剪灯新話》の〈牡丹灯記〉や〈令狐生冥夢録〉の模倣や影響がみられ,また《章台柳伝》《柳毅伝》《長恨歌伝》などの唐代の小説と関連する伝奇もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伝奇漫録の関連キーワードカオダイ教阮朝阮福映フエベトコンベトナム語ベトミンバオダイファンボイチャウ胡志明

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone