伝奇漫録(読み)でんきまんろく

世界大百科事典 第2版の解説

でんきまんろく【伝奇漫録】

16世紀にベトナムのグエン・ズーNguyen Du(阮璵)によって漢文で書かれた短編小説集。明の瞿佑の《剪灯新話》や伝奇の影響を強く受けた20編の伝奇小説を4巻に収めている。なかでも〈木綿樹伝〉〈西垣奇遇記〉〈陶氏業冤記〉〈昌江妖恠録〉〈傘円祠判事録〉〈夜叉部帥録〉などに《剪灯新話》の〈牡丹灯記〉や〈令狐生冥夢録〉の模倣や影響がみられ,また《章台柳伝》《柳毅伝》《長恨歌伝》などの唐代の小説と関連する伝奇もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android