コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝搬定数 でんぱんていすうpropagation constant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伝搬定数
でんぱんていすう
propagation constant

波動伝搬の変化の様子を表わす量。 x 方向に伝搬する波が a exp (iωt-γx) で表わされるときのγを伝搬定数という。 ω は角振動数である。γは一般に複素数 γ=α+iβ であり,αを減衰定数,βを位相定数という。αが0なら,その伝搬で距離に応じた減衰は起らない。また,波の波長 λ とβの間には λ=2π/β という関係がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

伝搬定数の関連キーワード複素数

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android