コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

減衰定数 げんすいていすうattenuation constant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

減衰定数
げんすいていすう
attenuation constant

空間座標や時間などの関数として与えられた量が次第に減少していくとき,その減少の速さを表わす数値。αを定数として,減少の様子が独立変数 x の関数として exp (-αx) の形になるとき,αまたはその定数倍を減衰定数という。粒子線や光が物質中を通過する間に吸収されて粒子数 (または強度) が減少するとき,x は物質中の進行距離であり,αは吸収係数と呼ばれる。 x が時間の場合には,減衰定数の逆数 1/α を時定数という。 (→伝搬定数 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

減衰定数【げんすいていすう】

伝搬定数のうち振幅の減少の度合を表すものをいう。線路の単位長の入力電流をI1,出力電流をI2とした場合のI2/I1=e(-/)(α/)のαを減衰定数とする。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

減衰定数の関連キーワード吸収係数減衰振動緩和現象表皮効果指数法則減衰器

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android