コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

減衰定数 げんすいていすうattenuation constant

2件 の用語解説(減衰定数の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

減衰定数
げんすいていすう
attenuation constant

空間座標や時間などの関数として与えられた量が次第に減少していくとき,その減少の速さを表わす数値。αを定数として,減少の様子が独立変数 x の関数として exp (-αx) の形になるとき,αまたはその定数倍を減衰定数という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

減衰定数【げんすいていすう】

伝搬定数のうち振幅の減少の度合を表すものをいう。線路の単位長の入力電流をI1,出力電流をI2とした場合のI2/I1=e(-/)(α/)のαを減衰定数とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone