コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

減衰定数 げんすいていすう attenuation constant

2件 の用語解説(減衰定数の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

減衰定数
げんすいていすう
attenuation constant

空間座標や時間などの関数として与えられた量が次第に減少していくとき,その減少の速さを表わす数値。αを定数として,減少の様子が独立変数 x の関数として exp (-αx) の形になるとき,αまたはその定数倍を減衰定数という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

減衰定数【げんすいていすう】

伝搬定数のうち振幅の減少の度合を表すものをいう。線路の単位長の入力電流をI1,出力電流をI2とした場合のI2/I1=e(-/)(α/)のαを減衰定数とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

減衰定数の関連キーワード関数空間自由度汎関数ユークリッド空間ウィグナーの位相空間分布関数オイラー‐ラグランジュの微分方程式拡散の法則指数法則(物理学)フランクリン方程式ミンコフスキーの空間

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone