コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝搬 でんぱんpropagation

翻訳|propagation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伝搬
でんぱん
propagation

空間や媒質中を物理現象が伝わること。その様子は,空間や媒質の性質,現象の特性によって大きく異なる。媒質に不連続な場所があると反射屈折が起り,また障害物があると散乱や回折が起る。音波は空気中では縦として伝わるが,固体中では横波として伝わる場合もある。電磁波は自由空間では直進する横波であるが,電離層や地表面の影響を受け,周波数や距離によって伝搬の様子は異なる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

でん‐ぱん【伝搬】

[名](スル)
伝わること。また、伝えること。「知識が伝搬する」
波が伝わること。「音が伝搬する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

でんぱん【伝搬】

( 名 ) スル
運び伝えること。 「経典の-」
〘物〙 波動が伝わっていくこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

伝搬の関連キーワードデリンジャー現象デトネーションヘルムホルツ波表面波デバイス見通し外通信デリンジャー伝搬遅延時間ヘビサイドミリ波通信気象音響学グラビトン大気電気学カルメット一次宇宙線微分法則藤原咲平伝搬時間防音構造初期微動表皮効果

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伝搬の関連情報