伝馬宿(読み)てんましゅく

精選版 日本国語大辞典「伝馬宿」の解説

てんま‐しゅく【伝馬宿】

〘名〙 戦国時代から江戸時代、伝馬役の負担を義務づけられた宿駅。原則として常備人馬をおき、地子免許のある例が多かった。
※御触書寛保集成‐二二・宝永元年(1704)三月「東海道御伝馬宿御料え鳥目八百貫文宛拝借被仰付候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の伝馬宿の言及

【伝馬】より

…しかし後年は多く金納となった。その負担者のいる屋敷を伝馬屋敷といい,宿のことを伝馬宿とも称した。要するに伝馬の提供が近世の宿の設立の発端であったからである。…

※「伝馬宿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android