コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伯母谷将監 おばたに しょうげん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伯母谷将監 おばたに-しょうげん

?-? 室町時代の郷士。
大和(奈良県)吉野の伯母谷に潜伏した後南朝の北山宮につかえる。長禄(ちょうろく)元年(1457)播磨(はりま)(兵庫県)赤松氏の遺臣が宮を殺害し,その首級神璽(しんじ)をもってにげたとき,近郷郷士をあつめうばいかえしたといわれる。本姓は橘。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

伯母谷将監の関連キーワード室町時代

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android