コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伴中庸 ともの なかつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伴中庸 ともの-なかつね

?-? 平安時代前期の官吏。
大伴国道の孫。伴善男の子。侍従,右衛門佐(すけ)を歴任。貞観(じょうがん)8年(866)応天門の変の中心人物として父らとともに処罰され,隠岐(おき)へ流される。元慶(がんぎょう)4年国司の手違いで放免されたが,再度捕らえられ翌年石見(いわみ)にうつされた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android