コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伴道雪 ばん どうせつ

2件 の用語解説(伴道雪の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伴道雪 ばん-どうせつ

?-1621 織豊-江戸時代前期の弓術家。
丹後(京都府)田辺城主細川幽斎につかえた際,吉田重勝(雪荷)に師事し,道雪派をたてる。のち尾張(おわり)(愛知県)松平忠吉,元和(げんな)のころ大和(奈良県)郡山(こおりやま)藩主松平忠明につかえた。元和7年死去。名は一安(かずやす)。通称は喜左衛門。姓は番ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

伴道雪

没年:元和7(1621)
生年:生年不詳
安土桃山・江戸前期の弓術家。道雪派の開祖。通称を喜左衛門,名を一安という。雪荷派を創始した吉田重勝(雪荷)に師事。『伴道雪略譜』によると,天正16(1588)年7月重勝は射書の印可証文すべてを与え,吉田姓まで許して跡を継がせようとしたが,道雪は雪荷派隆盛を図ることを誓いながらも,新たに道雪派を興した。のちに尾張国の徳川忠吉に仕え,元和の初めには大和郡山藩主松田忠明に禄仕した。同門からは江戸初期に京の通し矢挑戦者が数多く輩出している。<参考文献>石岡久夫『日本の古武術』

(藤堂良明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伴道雪の関連キーワード清韓文英禅昌酒井貞月弘尊石堂竹林坊伊丹直政片岡家清片岡家延木村寿徳関一安

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone