コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伸筋 しんきんextensor muscle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伸筋
しんきん
extensor muscle

機能による骨格筋の分類の一つで,その収縮により関節を伸展させる筋肉をいう。たとえば,上腕三頭筋肘関節を伸展させるから伸筋に属する。一方,上腕二頭筋や上腕筋は肘関節を屈曲させるので,屈筋と呼ばれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しん‐きん【伸筋】

関節の伸展運動をさせる働きをする筋肉。→屈筋

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しんきん【伸筋】

関節の伸展運動に関与する骨格筋。屈筋とともに働いて身体各部分の運動を行う。 → 屈筋

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

伸筋の関連キーワードつかむ/動的把握と道具の手(脳性)運動障害のタイプ過コレステロール血症ローゼンバッハの法則ブルギニョンの法則スワンネック変形あくび(欠伸)槌指(ついし)相反神経支配こむらがえりボタン穴変形大腿四頭筋第3腓骨筋膝蓋腱反射前脛骨筋除脳動物伸展反射足背動脈テニス肘伸張反射

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伸筋の関連情報