伽衆(読み)トギシュウ

精選版 日本国語大辞典の解説

とぎ‐しゅう【伽衆】

〘名〙 戦国・江戸時代、主君に近侍して、武辺咄諸国咄などをしたり、雑談などの相手を務めたりする職。また、その人。御伽衆。とぎ。〔鹿苑日録‐慶長二年(1597)八月一八日〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android