コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御伽衆 おとぎしゅう

5件 の用語解説(御伽衆の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御伽衆
おとぎしゅう

戦国~江戸時代,主君のそば近くにあって話相手をする役。御咄 (はなし) 衆ともいう。戦国時代,戦陣の慰安のための話や,また武士としての心得などについての話が喜ばれたという。大内氏や武田氏などで老臣,功労者に話をさせたことに始り,やがて毛利,豊臣,前田,徳川諸氏の間でも行われるようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おとぎ‐しゅう【×伽衆】

室町末期以後、将軍・大名のそばにいて話し相手や書物の講釈などをした人。御伽坊主

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おとぎしゅう【御伽衆】

御咄衆(おはなししゆう),御談伴(ごだんばん),ときに安西衆(あんざいしゆう)ともいう。室町末期から江戸初期に特有な一種の役職。その職掌は昼夜君側に侍して武辺咄(ぶへんばなし)や自己の経験談などを披露するもので,資格は話上手,特殊技能の持主,経験豊かな古老格のものに限られた。彼らの話は封建領主らの領国支配に役立てるのが主たる目的であった。だから各地をめぐり,多くの主君に仕え,経験をつんだものほど珍重された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おとぎしゅう【御伽衆】

将軍や大名の側近くに伺候して諸国咄ばなしをしたり、雑談の相手をつとめたりする職。また、その者。室町末期、戦陣のつれづれを慰めるため、老臣や僧侶をはべらせたのに始まる。同朋。御伽坊主。御咄衆おはなししゆう。伽衆。伽。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御伽衆
おとぎしゅう

室町末~江戸初期の役職の一つ。主君の側(そば)に侍し、日夜の御伽を勤めた。御伽の主用が主君の咄(はなし)相手でもあったので御咄衆ともいわれ、江戸時代になると談判(だんぱん)、または安西(あんざい)衆ともいわれた。天文(てんぶん)年間(1532~55)の周防(すおう)の『大内氏実録』にみえるのが初見。武田、毛利、後北条(ごほうじょう)、織田、徳川氏など広く戦国大名間で流行したが、もっとも多く召し抱えていたのは豊臣(とよとみ)秀吉で、富田知信(とみたとものぶ)、大村由己(ゆうこ)ほか三十数名とされる。御伽衆は、特殊な技術のほか、武辺談や政談の必要から、相応の豊富な体験や博学多識、話術の巧みさが要請されたため、故実や昔のことをよく知っている年老いた浪人が起用されることが多かった。江戸期にはしだいに少年が起用されるようになり、若殿の遊び相手となっていった。[久保田昌希]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の御伽衆の言及

【大村由己】より

…安土桃山時代の儒僧,軍記作者。豊臣秀吉の御伽衆。梅庵,藻虫斎と号した。…

【幇間】より

…古く《あづま物語》(1614)に〈太鼓持〉の語があるが,詳細はわからない。初めは客が個人的に同伴した案内者だったようで,戦国武将における御伽衆(おとぎしゆう)のような存在であったかと思われる。しかし,元禄期(1688‐1704)には専業の幇間が現れており,《諸国色里案内》(1688)には〈此(この)道のわけしり,揚屋(あげや)の手引するものを太鼓〉とあって,遊里の案内者として遊郭外から連れていくべきものとされた。…

【落語】より

…〈らくご〉と読むようになったのは,1887年(明治20)ごろからであり,普及したのは昭和に入ってのことだった。
【歴史】

[落語の起源]
 落語家の祖として,16世紀末の安土桃山時代に,武将の側近にあって咄の相手をした御伽衆(おとぎしゆう)(御咄衆(おはなししゆう))の存在があった。御伽衆の笑話を編集した《戯言養気集(ぎげんようきしゆう)》(慶長年間(1596‐1615))が,このことを証明している。…

※「御伽衆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

御伽衆の関連キーワード御談義咄衆阿波のおはなしおはなしのくにおはなしのくにクラシックおはなしゆびさんはらっぱのおはなし森のおはなし御咄衆御談伴

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

御伽衆の関連情報