コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雑談 ザツダン

デジタル大辞泉の解説

ざつ‐だん【雑談】

[名](スル)さまざまな内容のことを気楽に話すこと。また、その話。とりとめのない話。「雑談を交わす」「友人と雑談する」
[補説]古くは「ぞうだん」「ぞうたん」と読む。

ぞう‐だん〔ザフ‐〕【雑談】

[名](スル)《古くは「ぞうたん」》「ざつだん(雑談)」に同じ。
「追懐の―は無邪気な笑い声に交って」〈藤村破戒

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

雑談【ぞうたん】

後に〈ぞうだん〉,さらに〈ざつだん〉と変化した語。とりとめのない話。説話文学との関連が注目される。書名に用いた例として,無住其角に《雑談集》があり,これとは別に平安末から鎌倉初期の三井寺(みいでら)関係の説話集《雑談鈔》が残る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ざつだん【雑談】

( 名 ) スル
〔古くは「ぞうたん」とも〕
さまざまのことを気楽に話し合うこと。また、その話。世間話。よもやま話。 「 -に時を過ごす」 「会議のあと-する」

ぞうだん【雑談】

( 名 ) スル
〔古くは「ぞうたん」とも〕
とりとめのない話。むだ話。ざつだん。 「要なき-せずもあれ/慨世士伝 逍遥

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

雑談の関連キーワードインフォーマルコミュニケーションicebreak臈次・﨟次・臘次テーブルトーククロストーク朝倉宗滴話記閑話・間話ピーコック綺ひ・弄ひ猪苗代兼載チャット無住道暁秋山色樹ラウンジ近古史談ひさめく漫ろ物語安愚楽鍋あれに御伽衆

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雑談の関連情報