コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佃島ふたり書房 ツクダジマフタリショボウ

デジタル大辞泉の解説

つくだじまふたりしょぼう〔つくだじまふたりシヨバウ〕【佃島ふたり書房】

出久根達郎長編小説。明治から昭和の高度成長期にかけての東京の下町を舞台に、二人の男の友情を描く。平成4年(1992)刊行。同年、第108回直木賞受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android