コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出久根達郎 デクネタツロウ

デジタル大辞泉の解説

でくね‐たつろう〔‐タツラウ〕【出久根達郎】

[1944~ ]小説家。茨城の生まれ。古書店主として、古本題材にした小説を執筆。巧みな話術を生かして人間を描写する実力派として評価される。「佃島(つくだじま)ふたり書房」で直木賞受賞。他に「無明(むみょう)の蝶」、エッセー本のお口よごしですが」「古書彷徨」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出久根達郎 でくね-たつろう

1944- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和19年3月31日生まれ。中学を卒業後,東京月島の古書店にすみこむ。昭和48年芳雅堂書店を開業。古書に関する話をかきはじめ,平成2年小説「無明の蝶」で注目される。4年「本のお口よごしですが」で講談社エッセイ賞,5年「佃島ふたり書房」で直木賞。27年「短篇集 半分コ」で芸術選奨文部科学大臣賞。茨城県出身。作品はほかに「古書彷徨」「猫の縁談」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

出久根達郎の関連キーワード人情とどけます 江戸・娘飛脚佃島無明

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出久根達郎の関連情報