位置推算暦(読み)いちすいさんれき(英語表記)ephemeris

翻訳|ephemeris

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

位置推算暦
いちすいさんれき
ephemeris

太陽,月,惑星恒星彗星など天体の天球上の位置や日月食,日月の出没などのおもな天文現象を年月日により表記したもの。地球自体の自転に不整があるため,それをもとにした世界時 UTではなく,暦表時 ETによって表記する。日本では海上保安庁水路部から毎年「天体位置表」が出されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android