コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天体位置表 てんたいいちひょう Japanese Ephemeris

1件 の用語解説(天体位置表の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

てんたいいちひょう【天体位置表 Japanese Ephemeris】

日本の天体暦。諸天体の位置およびその運動に伴う天文諸現象の予報を掲げている。1943年海軍水路部の創刊,現在海上保安庁水路部が発行している。内容は2部に大別され,第1部は地球,惑星,四大小惑星の日心,月の地心黄道座標,またそれらの赤経,赤緯,視差および恒星の平均位置,歳差,章動などを掲げる。第2部は天文現象で日・月食,星食,日・月出没時刻などの予報,春分,夏至などの二十四節気と雑節,曜日など。《天体位置表》の用途は航海暦や常用暦の編集,天文観測の準備,測量や宇宙活動の基礎資料など多様である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

天体位置表の関連キーワード位置天文学光行差実地天文学天体観測天体力学天体暦位置角視位置太陽系外縁天体ターナーの推定法

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone