コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低カリウム血症 ていカリウムけっしょうhypokalemia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

低カリウム血症
ていカリウムけっしょう
hypokalemia

血清中のカリウム濃度が正常値 (3.5mEq/l) 以下になる状態。次のような場合にみられる。 (1) カリウムの摂取不足 飢餓,栄養不良,胃腸障害。 (2) カリウムの過度の損失 嘔吐,下痢,利尿剤の反復投与。 (3) カリウムの細胞内移動 家族性周期性四肢麻痺筋無力症などで起り,筋肉を麻痺させる。 (4) 腎不全。 (5) 副腎機能亢進症など。低カリウム血症では,食欲不振,吐き気,嘔吐,呼吸困難,心電図の変化などが起る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

低カリウム血症の関連キーワード摂食障害(拒食症、過食症)原発性アルドステロン症ランゲルハンス島腫瘍カリウムと代謝異常副腎皮質ホルモンアルドステロン症減酸症/無酸症WDHA症候群ラナトシドC尿細管疾患フロセミド摂食障害期外収縮胃性下痢利尿薬無酸症鼓腸

低カリウム血症の関連情報