家族性周期性四肢麻痺(読み)かぞくせいしゅうきせいししまひ(英語表記)familial periodic paralysis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

家族性周期性四肢麻痺
かぞくせいしゅうきせいししまひ
familial periodic paralysis

家族性に発生する,四肢弛緩性麻痺発作的に繰返して起きる疾患。原因は不明であるが通常,優性遺伝する。激しい運動,あるいは糖質やアルコールのとりすぎが誘因となって,四肢筋,躯幹筋に高度な脱力または全麻痺が現れる。麻痺の発作は青春期か成年初期に初発し,1回の発作時間は数分ないし数日間,平均 12~48時間,夜半や早朝に突発することが多い。発作中は血清カリウムが急速に低下する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android