家族性周期性四肢麻痺(読み)かぞくせいしゅうきせいししまひ(英語表記)familial periodic paralysis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

家族性周期性四肢麻痺
かぞくせいしゅうきせいししまひ
familial periodic paralysis

家族性に発生する,四肢弛緩性麻痺発作的に繰返して起きる疾患。原因は不明であるが通常,優性遺伝する。激しい運動,あるいは糖質やアルコールのとりすぎが誘因となって,四肢筋,躯幹筋に高度な脱力または全麻痺が現れる。麻痺の発作は青春期か成年初期に初発し,1回の発作時間は数分ないし数日間,平均 12~48時間,夜半や早朝に突発することが多い。発作中は血清カリウムが急速に低下する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android