低プロトロンビン血症(読み)ていプロトロンビンけっしょう(英語表記)hypoprothrombinemia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

低プロトロンビン血症
ていプロトロンビンけっしょう
hypoprothrombinemia

血清中のプロトロンビン濃度が低下した状態。プロトロンビンは一種のグロブリンで,肝臓でビタミンKが関与してつくりだされるから,肝機能が低下したとき,あるいは閉塞性黄疸でビタミンKの吸収障害があると,低プロトロンビン血症が起る。大部分は後天性で,遺伝性のものもある。症状は皮膚,筋肉内,粘膜に出血が起り,血尿もみられるが,関節出血はまれである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android