コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低プロトロンビン血症(読み)ていプロトロンビンけっしょう(英語表記)hypoprothrombinemia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

低プロトロンビン血症
ていプロトロンビンけっしょう
hypoprothrombinemia

血清中のプロトロンビン濃度が低下した状態。プロトロンビンは一種のグロブリンで,肝臓でビタミンKが関与してつくりだされるから,肝機能が低下したとき,あるいは閉塞性黄疸でビタミンKの吸収障害があると,低プロトロンビン血症が起る。大部分は後天性で,遺伝性のものもある。症状は皮膚,筋肉内,粘膜に出血が起り,血尿もみられるが,関節出血はまれである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android