コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低プロトロンビン血症 ていプロトロンビンけっしょうhypoprothrombinemia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

低プロトロンビン血症
ていプロトロンビンけっしょう
hypoprothrombinemia

血清中のプロトロンビン濃度が低下した状態。プロトロンビンは一種のグロブリンで,肝臓でビタミンKが関与してつくりだされるから,肝機能が低下したとき,あるいは閉塞性黄疸でビタミンKの吸収障害があると,低プロトロンビン血症が起る。大部分は後天性で,遺伝性のものもある。症状は皮膚,筋肉内,粘膜に出血が起り,血尿もみられるが,関節出血はまれである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

低プロトロンビン血症の関連キーワードビタミン剤

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android