コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低比重リポタンパク ていひじゅうリポタンパクlow density lipoprotein; LDL

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

低比重リポタンパク
ていひじゅうリポタンパク
low density lipoprotein; LDL

45%のコレステロールと5%のトリグリセリドを含む。血中 LDLは,そのほとんどが肝臓における LDL受容体経路で代謝されるが,遺伝的に LDL受容体を欠損する家族性高コレステロール血症の患者では,血中に LDLが増加し,若年時よりかゆ状動脈硬化が進行する。 LDL受容体は J.ゴールドシュタイン,M.ブラウンらによって明らかにされたもので,細胞内にコレステロールが増加すると,LDL受容体数を減少させると同時にコレステロール合成を抑制するという制御機構が存在する。一般的に LDL中のコレステロールは悪玉のコレステロールといわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

低比重リポタンパクの関連キーワードブラウン(Michael Stuart Brown)LDL コレステロール低密度リポタンパク質ドコサヘキサエン酸高比重リポタンパクゴールドステイン脂質異常症ステロイド脂肪肝

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android