コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低血糖失神 ていけっとうしっしんhypoglycemic coma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

低血糖失神
ていけっとうしっしん
hypoglycemic coma

低血糖性昏睡。血液中のブドウ糖濃度がなんらかの原因で正常の限界をこえて低下し,中枢神経系に異常が生じ,昏睡状態に陥ったことをいう。低血糖になると,まず手足の震え,発汗,動悸などの症状があるが,適切な処置がなされないと錯乱,知覚障害,意識低下などが起り,最終的には昏睡状態に陥り,死にいたる。原因としては,膵臓のランゲルハンス島にできるインスリノーマと呼ばれる腫瘍によるインスリンの過剰分泌,治療を受けている糖尿病患者の空腹による低血糖などがある。意識を失っている場合,ブドウ糖の静脈投与が必要である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android