空腹(読み)クウフク

デジタル大辞泉の解説

くう‐ふく【空腹】

腹が減ること。すきばら。「空腹を満たす」⇔満腹

そら‐ばら【空腹】

腹痛らしくみせかけること。
「あら腹痛(いた)や、痛や痛やと―病めど」〈浄・丹波与作
切腹のふりをすること。
「―切って城を落ちしは忠信が謀(はかりごと)」〈浮・万金丹・四〉
腹を立てたふりをすること。
「それは合点の行かぬことを承るとて、―を立ちけるところに」〈咄・戯言養気集・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くうふく【空腹】

腹がへること。すきばら。 ⇔ 満腹

そらばら【空腹】

腹痛のふりをすること。 「あら腹痛や〱〱と-病めど/浄瑠璃・丹波与作
切腹するように見せかけること。 「 -切つて櫓より後の谷にぞ転び落つ/謡曲・忠信」
腹を立てたふりをすること。 「北の方そこにてちと-を立ててのたまふやう/御伽草子・秋道」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

からっ‐ぱら【空腹】

〘名〙 「からはら(空腹)」の変化した語。
※浄瑠璃・曾我五人兄弟(1699頃)二「からっぱらにて、がいにめがまひさうな」

から‐はら【空腹】

〘名〙
① 腹の中がからであること。くうふく。すきばら。からっぱら。
※三百則抄(1662)二「多と云は、一踏下にある風流だぞ。形つくろいして好む風流では無いぞ。在れども塗毒の則んば、から腹になることはなったぞ」
② 米の端境期(はざかいき)。九月頃をいう。〔現代大辞典(1922)〕

くう‐ふく【空腹】

〘名〙 (形動) (古くは「くうぶく」とも) 腹がへること。また、すいている腹。すきばら。くふく。
※海道記(1223頃)序「空腹一杯の粥、飢ゑて啜れば」
※日葡辞書(1603‐04)「Cùbucu(クウブク)
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)七「ふたりは空腹(クウフク)となりたるに」 〔白居易‐間楽詩〕

く‐ふく【空腹】

色葉字類抄(1177‐81)「空腹 クフク」

すきっ‐ぱら【空腹】

〘名〙 「すきはら(空腹)」の変化した語。
※落語・芝居好の泥棒(1898)〈六代目桂文治〉「空腹(スキッパラ)だから腹の中を酒が駈け歩行(あるい)て居やがる」

すき‐はら【空腹】

〘名〙 (「すきばら」とも) 食べ物が何も入っていない腹。腹のへっていること。くうふく。すきっぱら。
御伽草子・福富長者物語(室町末)「これかまへて、すき腹にすかせ給ふな」

そら‐ばら【空腹】

〘名〙
① いつわって腹痛らしく見せかけること。
※浄瑠璃・三世相(1686)四「何のそらばらびくともさせじ」
② いつわって腹を切るまねをすること。
※俳諧・類船集(1676)以「忠信か空腹(ソラハラ)は君をたすけ、老莱が泣は孝を尽す至り也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

空腹の関連情報