コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低酸素欠症 ていさんそけっしょう

1件 の用語解説(低酸素欠症の意味・用語解説を検索)

パラグライダー用語辞典の解説

低酸素欠症

酸素不足のこと。脳や体の他の部分が正常に働くためには酸素が必要になる。高度が高くなると空気が薄くなり、酸素不足の影響が現れるようになる。パラグライダーの飛行高度は限られているので、他の航空機ほど大きな影響はうけない。しかし、近年のグライダーの性能の向上と共に注意が必要になってきた。高山飛行・急激なサーマル・その他これに類した飛行をする時には気をつけなければならない。

出典|
Copyright (C) 2010 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

低酸素欠症の関連キーワード機能不完全燃焼健全足熱伝動余蘊切り欠き効果最大酸素負債量ベイ (bay)鹿毛 (bay)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone