低酸素欠症(読み)ていさんそけっしょう

パラグライダー用語辞典の解説

低酸素欠症

酸素不足のこと。脳や体の他の部分が正常に働くためには酸素が必要になる。高度が高くなると空気が薄くなり、酸素不足の影響が現れるようになる。パラグライダー飛行高度は限られているので、他の航空機ほど大きな影響はうけない。しかし、近年グライダー性能の向上と共に注意が必要になってきた。高山飛行・急激なサーマル・その他これに類した飛行をする時には気をつけなければならない。

出典 パラグライダー用語辞典について 情報

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android