住ば都(読み)すまばみやこ

精選版 日本国語大辞典の解説

すま【住】 ば 都(みやこ)

住むならがよいということ。
※歌謡・隆達節歌謡(1593‐1611)「住まば都よ、捨てば都、あぢきなの身や」

すめ【住】 ば 都(みやこ)

どんなさびしい田舎や不便な所でも、住み慣れれば住みよくなって、離れにくいものだということ。転じて、物質的わびしさも慣れれば、精神的楽しさになるということ。
※慶長見聞集(1614)二「野の末山のおくにも住ば都、すまされば都も旅なり」
※歌舞伎・早苗鳥伊達聞書(実録先代萩)(1876)二幕「譬に申す住めば都、一生襤褸(つづれ)を身に纏(まと)ひ其日を送る暮しでも、やっぱり居馴れた宿の方が、結句ましでござりますれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android