慶長見聞集(読み)けいちょうけんもんしゅう

世界大百科事典 第2版の解説

けいちょうけんもんしゅう【慶長見聞集】

江戸初期の見聞記。三浦浄心作。1614年(慶長19)刊。10巻。浄心は北条氏に仕えた武士であったが,江戸に出て商人になった。北条氏のこと,合戦のこと,江戸の風俗,諸国一見のことなどを書き,のちこれを分冊して《北条五代記》《見聞軍抄》《そぞろ物語》《順礼物語》として刊行した。江戸初期の貴重な記録といえる。とくに《そぞろ物語》には,慶長期の江戸の歌舞伎や吉原のことが書かれている。【野田 寿雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

慶長見聞集
けいちょうけんもんしゅう

近世初期の随筆書。単に『見聞集』ともいう。10巻。著者は、後北条氏の遺臣、三浦五郎左衛門茂正(しげまさ)(浄心(じょうしん))で、1614年(慶長19)の成立とされるが、後人の仮託とする説もあり、寛永(かんえい)期(1624~44)の内容も含むので、確証は得られない。徳川家康入国から草創期にかけての江戸の町形成と、住民の生活・人情、世相と風俗などが多くみられ、間接史料ながら事実と合致する点もあり、まったく良史料ではないということはできない。『江戸叢書(そうしょ) 2』『改定史籍集覧 10』所収。[水江漣子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

けいちょうけんもんしゅう ケイチャウケンモンシフ【慶長見聞集】

一〇巻一〇冊。三浦浄心著。慶長一九年(一六一四)成立。書名は正しくは「見聞集」。近世初期の新興都市、江戸の見聞記。説話や教訓なども含まれる。この時期の風俗資料として貴重。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android