コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶長見聞集 けいちょうけんもんしゅう

2件 の用語解説(慶長見聞集の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

けいちょうけんもんしゅう【慶長見聞集】

江戸初期の見聞記。三浦浄心作。1614年(慶長19)刊。10巻。浄心は北条氏に仕えた武士であったが,江戸に出て商人になった。北条氏のこと,合戦のこと,江戸の風俗,諸国一見のことなどを書き,のちこれを分冊して《北条五代記》《見聞軍抄》《そぞろ物語》《順礼物語》として刊行した。江戸初期の貴重な記録といえる。とくに《そぞろ物語》には,慶長期の江戸の歌舞伎や吉原のことが書かれている。【野田 寿雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

慶長見聞集
けいちょうけんもんしゅう

近世初期の随筆書。単に『見聞集』ともいう。10巻。著者は、後北条氏の遺臣、三浦五郎左衛門茂正(しげまさ)(浄心(じょうしん))で、1614年(慶長19)の成立とされるが、後人の仮託とする説もあり、寛永(かんえい)期(1624~44)の内容も含むので、確証は得られない。徳川家康入国から草創期にかけての江戸の町形成と、住民の生活・人情、世相と風俗などが多くみられ、間接史料ながら事実と合致する点もあり、まったく良史料ではないということはできない。『江戸叢書(そうしょ) 2』『改定史籍集覧 10』所収。[水江漣子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

慶長見聞集の関連キーワード冷泉為頼奈良派松の葉おあむ物語見聞録清浄心伯庵中山真際三浦浄心三浦前次

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone