コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住宅建設5ヵ年計画 じゅうたくけんせつごかねんけいかく

1件 の用語解説(住宅建設5ヵ年計画の意味・用語解説を検索)

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

じゅうたくけんせつごかねんけいかく【住宅建設5ヵ年計画】

住宅供給を計画的に進めるため、住宅建設計画法に基づいて行われていた政策。5年を1期として、公営・公庫・公団住宅の建設戸数などを策定したもの。1966(昭和41)年から8期続いたが、住宅供給の充足や、本格的な少子高齢化と人口・世帯減少などの理由で2006(平成18)年に終了。新たな住宅政策としては住生活基本法が施行された。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

住宅建設5ヵ年計画の関連キーワード住宅供給公社住宅金融公庫地方住宅供給公社分譲住宅FHA地方住宅供給公社法住宅デー公共住宅住宅建設計画法ニュータウン(NT)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone