コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住宅建設5ヵ年計画 じゅうたくけんせつごかねんけいかく

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

じゅうたくけんせつごかねんけいかく【住宅建設5ヵ年計画】

住宅供給を計画的に進めるため、住宅建設計画法に基づいて行われていた政策。5年を1期として、公営公庫公団住宅の建設戸数などを策定したもの。1966(昭和41)年から8期続いたが、住宅供給の充足や、本格的な少子高齢化と人口・世帯減少などの理由で2006(平成18)年に終了。新たな住宅政策としては住生活基本法が施行された。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

住宅建設5ヵ年計画の関連キーワード誘導居住水準

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android