住宅政策(読み)じゅうたくせいさく(英語表記)housing policy

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうたくせいさく【住宅政策 housing policy】

資本主義経済下では住宅市場価格メカニズム十分機能せず,住宅の量的不足や質的低下の問題が社会現象として現れやすい。これを住宅問題という。
[住宅の特殊な性格
 住宅は商品として二つのではなはだ特殊な性格をもっており,市場に出回るとき,この性格に規定された問題もいっしょに現れてくる。第1は,住宅の市場圏は概して小さく,流通性も相対的に少ないため,需要供給の関係のアンバランス化を起こしやすいことである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

住宅政策の関連情報