コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住民基本台帳カード じゅうみんきほんだいちょうかーど

2件 の用語解説(住民基本台帳カードの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

住民基本台帳カード

住民基本台帳ネットワークの第2次サービスの1つとして、2003年8月25日より、希望者に対して市町村から交付される。ICカードリーダに差してパスワードを打つと、氏名・生年月日、性別、住所、住民票コードなどを参照できる。これを窓口での本人確認に使おうというもの。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

住民基本台帳カード

全国の市町村が発行するICカード。2003年にスタート身分証明書として使えるほか、行政手続きのインターネット申請にも使える。コンビニの専用端末でこのカードを使い、住民票や印鑑登録証明書が取得できる自治体もある。

(2011-12-01 朝日新聞 朝刊 岡山全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

住民基本台帳カードの関連情報