コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木平次郎 ささき へいじろう

1件 の用語解説(佐々木平次郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木平次郎 ささき-へいじろう

1873-1935 明治-昭和時代前期の実業家,政治家。
明治6年4月22日生まれ。豪商佐々木直次郎の養子となり,函館で漁業をいとなむ。露領水産組合評議員,北日本汽船重役,樺太(からふと)漁業社長などを歴任。また大正6年衆議院議員(当選6回,政友会)となり,日露漁業交渉の代表をつとめるなど北洋漁業開拓につくした。昭和10年4月21日死去。63歳。秋田県出身。旧姓は北能(きたの)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

佐々木平次郎の関連キーワード井伊直方伊東太郎宇野積蔵織田東禹小野寺章木下俊哲品田俊平田中銀之助馬越幸次郎三隅正

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone