コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木弘綱 ささき ひろつな

2件 の用語解説(佐々木弘綱の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木弘綱 ささき-ひろつな

1828-1891 幕末-明治時代の国文学者。
文政11年7月16日生まれ。佐佐木信綱(のぶつな)の父。足代弘訓(あじろ-ひろのり),井上文雄にまなぶ。明治15年東京大学文学部古典科講師。物語類などの古典解釈と歌道の普及につとめた。明治24年6月25日死去。64歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。号は鈴山,竹柏園(なぎぞの)。著作に「万葉集歌辞童喩」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

佐々木弘綱

没年:明治24.6.25(1891)
生年:文政11.7.16(1828.8.26)
幕末明治期の歌人,国文学者。号は鈴山,竹柏園。伊勢国(三重県)生まれ。父は徳綱,母は鳰子。学者の家系に生まれたため,幼くして学問を授けられ,すでに17歳で1000首の歌を詠んでいたという。明治15(1882)年,東京大学古典講習科の創設とともに講師に就任。のちに病気のため辞職してからは著述に専念し,多数の著作を残した。『万葉集』,八代集などを初めて活字本にした『日本歌学全書』全12巻(1890~91)は,没後,長男の佐々木信綱が引き継いで刊行した。著書に『竹取物語俚言解』(1857),『土佐日記俚言解』(1884),『伊勢物語俚言解』(1885)などがある。

(古田島洋介)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐々木弘綱の関連キーワード五十嵐力金子元臣佐佐木弘綱国文学帝国文学国文岩城準太郎岩津資雄大井広高崎正秀

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone