佐々木徳夫(読み)ささき とくお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木徳夫 ささき-とくお

1929-2010 昭和後期-平成時代の昔話採集家。
昭和4年3月19日生まれ。郷里宮城県の高校で歴史を教えるかたわら,昭和32年ごろから昔話の採集・記録に取りくむ。県内をはじめ東北各地で採集した昔話は一万余話におよぶ。平成4年吉川英治文化賞。20年NHK東北ふるさと賞。平成22年1月25日死去。80歳。東洋大卒。旧姓は青木。著作に「みちのく海山の昔」「遠野の昔話」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android