佐々木禎子(読み)ささき さだこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木禎子 ささき-さだこ

1943-1955 昭和時代後期の原爆被爆者。
昭和18年1月7日生まれ。昭和20年8月6日2歳で被爆し,29年小学校6年生のとき白血病と診断され,30年10月25日12歳で死去。その死をいたむ級友たちの行動が募金運動に発展し,33年広島市平和公園内に「原爆の子の像」がつくられた。広島県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐々木禎子の関連情報