コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木累 ささき るい

2件 の用語解説(佐々木累の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木累 ささき-るい

?-? 江戸時代前期の剣術家。
下総(しもうさ)古河(こが)藩(茨城県)藩士の娘。父にまなび,父の死後,江戸浅草で道場をひらく。羽織,両刀の異装で旗本奴(やっこ)の白柄(しらつか)組などとわたりあうが,それは武勇の士を夫にしたいためだったことが古河藩主につたわる。藩主がえらんだ若者と結婚し,家を再興した。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

佐々木累

生年:生没年不詳
江戸前期の剣術家。下総国古河藩(古河市)の剣術家佐々木太夫の娘。父から剣術を学ぶ。男嗣子がないため何度か婿をとったが,みな離縁となり,父の死で家名断絶。累は,大老土井利勝の夫人の護衛を引き受けるとともに,江戸浅草聖天町に剣術の道場を開いた。このころから,四つ目紋の羽織に両刀という異装で旗本衆とも渡り合ったという。その行状が武勇の士を夫に持ちたいためと伝わり,利勝自ら婿探しに乗り出し,利勝の家臣小杉九十九と結婚,これによって佐々木家は再興した。<参考文献>大島四郎『佐倉城主土井大炊頭利勝』

(藤堂良明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐々木累の関連キーワード奥原節女古河市古河寺西閑心日下寛田宮三之助永井直勝古河勇古河潤吉古河虎之助

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone