コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旗本奴 はたもとやっこ

6件 の用語解説(旗本奴の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

旗本奴
はたもとやっこ

江戸時代前期,旗本,御家人の青年武士たちのなかで無頼 (ぶらい) 化した者。町奴と合せて「かぶき者」ともいわれた。大小神祇組,白柄 (しらつか) 組,六法組などの旗本奴の集団があったといわれ,その首領株であった水野十郎左衛門と町奴の頭領幡随院長兵衛との争いは有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はたもと‐やっこ【旗本奴】

江戸前期、徒党を組んで江戸市中をのし歩いた旗本の青年武士。大小神祇(じんぎ)組白柄(しらつか)組六方(ろっぽう)組が有名。→町奴(まちやっこ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

旗本奴【はたもとやっこ】

奴とは武家奉公人のことをいい,かぶき者,または男伊達(おとこだて)のうち,旗本やその奉公人のことをいった。町奴とともに17世紀中ごろ江戸に横行し,同類の旗本と揃いの羽織を着て徒党を組んで市中を練り歩き,無頼の振舞いに及んだという。
→関連項目丹前風

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

はたもとやっこ【旗本奴】

江戸前期,旗本・御家人あるいはその奉公人で,異装をし仲間で盟約を交わして徒党を組み,無頼の生活を送った者をいう。旗本奴に対抗したという町奴を含めて〈かぶき者〉などといわれた。戦国の遺風によるとか,勲功に比して小禄に甘んじなければならなかった直参譜代の者の不満のはけ口であったなどといわれるが,その多くは旗本に奉公する中小性・若党など身分の低い者であった。幕府はその禁圧に努め1612年(慶長17)には大鳥居逸兵衛らを逮捕して処刑している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はたもとやっこ【旗本奴】

江戸時代、旗本の青年武士で集団をなし、はでな服装をして、無頼を働いたもの。神祇組じんぎぐみ・白柄組・六法組などが知られ、首領株に水野十郎左衛門がいた。 → 町奴

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

旗本奴
はたもとやっこ

戦乱も治まり、徳川幕藩体制が確立に向かう元和(げんな)・寛永(かんえい)(1615~44)のころ、旗本無頼の徒が巷(ちまた)を横行した。戦国の遺風が強く残り、殺伐で武張(ぶば)ったことを好んだ。これを旗本奴という。正保(しょうほう)(1644~48)ごろから全盛になり、白柄(しらつか)組、六法組、大小神祇(しんぎ)組、鶺鴒(せきれい)組などという団体をつくった。人の目にたつような異装、奇行を競い、大仰な髪形にビロード襟のはでな着物、大鍔(おおつば)に無反(むそり)の長刀を閂差(かんぬきざ)しにして、手足を振り上げて闊歩(かっぽ)した。真夏に綿入れを着て「寒い寒い」と火桶(ひおけ)を抱え、寒中に帷子(かたびら)だけで「暑い暑い」と扇子を使う天邪鬼(あまのじゃく)ぶりをみせた。特権をかさに着て傍若無人のふるまいが多く、博奕(ばくち)、喧嘩(けんか)、辻斬(つじぎ)りなどの狼藉(ろうぜき)を働き、遊廓(ゆうかく)を根城とした。そのため社会の反感を買った。幕府は平和政策上たびたび彼らに弾圧を加え、1664年(寛文4)首領の水野十郎左衛門に切腹を命じ、86年(貞享3)に200人余を捕らえて処罰ののちは、暴虐な旗本奴も自然に消滅した。[稲垣史生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の旗本奴の言及

【博徒】より

…中世には博打(ばくち)がいるが,江戸時代には賭博者の集団である博徒が多数生まれた。
[都市博徒]
 江戸時代の初期に賭博常習者として知られているものは旗本,御家人,浪人からなる旗本奴(はたもとやつこ)の一団である。彼らは〈かぶき者〉と呼ばれたように異様な風体で,庶民には迷惑な存在だった。…

【水野十郎左衛門】より

…江戸前期の旗本。町奴幡随院長兵衛と対抗した旗本奴の頭目として喧伝されている。幼名百助,はじめ貞義と名のったが,のち成之(なりゆき)と改めた。…

※「旗本奴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

旗本奴の関連キーワード家禄給地諸士法度札差奉公人御礼奉公御家人株奉公人宿散判掴み奉公

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

旗本奴の関連情報