コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々淳行 さっさ あつゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々淳行 さっさ-あつゆき

1930- 昭和後期-平成時代の官僚,評論家。
昭和5年12月11日生まれ。佐々弘雄(ひろお)の次男。紀平悌子(きひら-ていこ)の弟。昭和29年警察庁にはいり,外事・警備課長などをつとめる。52年防衛庁にうつり,官房長をへて59年防衛施設庁長官。61年内閣安全保障室の初代室長となる。平成元年退官後,新聞,テレビなどで「危機管理」を説く。東京出身。東大卒。著作に「危機管理のノウハウ」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐々淳行の関連キーワード突入せよ!あさま山荘事件佐々 友房

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐々淳行の関連情報