コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐久間信恭 さくま のぶやす

2件 の用語解説(佐久間信恭の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐久間信恭 さくま-のぶやす

1861-1923 明治-大正時代の英語学者。
文久元年4月10日生まれ。佐久間信久の養子。五高,東京高師教授をへて,大阪外国語学校の創立とともに教授となる。その編著「英和中辞林」はひろく学生たちに利用された。大正12年5月1日死去。63歳。江戸出身。札幌農学校卒。本姓は大久保

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

佐久間信恭

没年:大正12.5.1(1923)
生年:文久1.4.10(1861.5.19)
明治大正時代の英語教師,英語学者。江戸深川森下町(江東区)生まれ。実父は幕臣大久保忠恕。佐久間信久の養子となった。明治6(1873)年横浜のブラウン塾に学び植村正久,井深梶之助と同窓。その後札幌農学校に3期生として学んだ。明治17年以来各地で英語を教え,熊本の五高では小泉八雲,夏目漱石と,東京高等師範では上田敏,岡倉由三郎と同僚。その間『会話作文英和中辞林』(1904),『英文難句通釈』(1907),《Industrial English Readers,3vols》(1909)などを著した。綿密な頭脳,丹念な調査,直情的性格から他の英語学者の著作を容赦なく批判して,多くの人と衝突したが,生涯の畏友は井上十吉。墓は四谷舟町の全勝寺。<参考文献>染谷昌代「評伝佐久間信恭」(『学苑』297号)

(加納孝代)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

佐久間信恭の関連キーワード炭酸塩岩脈文久奥健蔵キネマ旬報日活(株)ムラヴィヨーフ流紋岩ディフェンス咸豊帝万延

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐久間信恭の関連情報