コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐伯御室 さえきの みむろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐伯御室 さえきの-みむろ

?-? 6世紀末ごろの豪族。
敏達(びだつ)天皇14年(585),疫病の流行は蘇我馬子(そがの-うまこ)が仏法をひろめたのが原因だとする物部守屋(もののべの-もりや)の命により,馬子が庇護していた善信尼(ぜんしんに)らを捕らえ,海石榴市(つばきいち)で笞(むち)打ちの刑に処した。名は別に於閭礙(おろげ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android