コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐伯御室 さえきの みむろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐伯御室 さえきの-みむろ

?-? 6世紀末ごろの豪族。
敏達(びだつ)天皇14年(585),疫病の流行は蘇我馬子(そがの-うまこ)が仏法をひろめたのが原因だとする物部守屋(もののべの-もりや)の命により,馬子が庇護していた善信尼(ぜんしんに)らを捕らえ,海石榴市(つばきいち)で笞(むち)打ちの刑に処した。名は別に於閭礙(おろげ)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android