佐佐木治綱(読み)ささき はるつな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐佐木治綱 ささき-はるつな

1909-1959 昭和時代の歌人,国文学者。
明治42年2月20日生まれ。佐佐木信綱の3男。佐佐木由幾の夫。父と斎藤瀏(りゅう)にまなぶ。昭和15年「鶯」を創刊。19年「心の花」と合併し,27年から編集責任者。白百合女子短大教授をつとめた。昭和34年10月8日死去。50歳。東京出身。東京帝大卒。歌集に「秋を聴く」,研究書に「永福門院」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android