コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永福門院 えいふくもんいん

8件 の用語解説(永福門院の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

永福門院
えいふくもんいん

[生]文永8(1271)
[没]興国3=康永1(1342).5.7. 京都
鎌倉時代後期の女流歌人。名はしょう子 (しょうし) 。父は太政大臣西園寺実兼。母は内大臣源通成の娘顕子。正応1 (1288) 年伏見天皇の中宮となり,永仁6 (98) 年天皇の退位により,永福門院の院号を贈られた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えいふく‐もんいん〔‐モンヰン〕【永福門院】

[1271~1342]鎌倉後期の女流歌人。伏見天皇の中宮。西園寺実兼の長女。名は鏱子(しょうし)。玉葉集風雅集の代表歌人。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

永福門院【えいふくもんいん】

鎌倉後期の歌人。〈ようふくもんいん〉とも読む。太政大臣西園寺実兼の女(むすめ)【しょう】子,伏見天皇の中宮。天皇譲位後永福門院と称す。天皇とともに京極為兼に和歌を学び,京極派の代表的歌人の一人となった。
→関連項目後深草院二条

永福門院【ようふくもんいん】

永福門院(えいふくもんいん)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永福門院 ようふくもんいん

えいふくもんいん

永福門院 えいふくもんいん

1271-1342 鎌倉-南北朝時代,伏見(ふしみ)天皇の中宮(ちゅうぐう)。
文永8年生まれ。西園寺実兼(さねかね)・源顕子(けんし)の長女。正応元年中宮となり,永仁6年院号をうける。正和5年出家。京極為兼(きょうごく-ためかね)にまなび,京極派の代表的歌人として知られた。「玉葉和歌集」以下の勅撰集に約150首がのる。康永元=興国3年5月7日死去。72歳。名は鏱子(しょうし)。法名は真如源。「ようふくもんいん」ともよむ。自撰集に「百番御自歌合」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

えいふくもんいん【永福門院】

1271‐1342(文永8‐興国3∥康永1)
〈ようふくもんいん〉とも読む。鎌倉末期の女流歌人。父は太政大臣西園寺実兼,母は内大臣源通成女従一位顕子。名を子(しようし)という。伏見天皇中宮となったが,1288年(正応1)入内の日の模様は《増鏡》にくわしい。京極為兼の指導をうけ,伏見院,為子(為兼妹)らとともに,京極派の中心歌人として,諸歌合に参加したりみずからも主催するなど,積極的に活動した。自然現象と恋愛感情を類型にとらわれないでこまやかにとらえようとした叙景歌や抒情歌を作り,京極歌風を推進した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えいふくもんいん【永福門院】

1271~1342) 伏見天皇の中宮。名は鏱子しようし。西園寺実兼の女むすめ。「玉葉集」「風雅集」の代表的歌人。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の永福門院の言及

【永福門院】より

…夫君没後は花園天皇を指導し,《風雅集》にも69首入る。晩年の自撰とされる《永福門院御自歌合》200首に,〈真萩散る庭の秋風身にしみて夕日の影ぞ壁に消えゆく〉など,門院の和歌の精髄が見られる。【上条 彰次】。…

※「永福門院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

永福門院の関連キーワード美福門福本光ふく餅永福門院右衛門督永福門院内侍和徳門院小橋陶復章徳門院美福門院加賀陽徳門院

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

永福門院の関連情報